統計の勉強

By | 2021年8月12日

このご時世、県を跨いだ遠出はできず、天気も余りよろしくないとのことで、今年のお盆休みは家で統計の勉強(復習?)をすることにしました。

何十年か前の大学時代に「数理統計学」という授業を受けたのですが、既に忘却の彼方です。

数学的な厳密な学習というよりも、「仕事で使える」ための勉強をしたく思い、選んだテキストは、世評が高い

入門 統計学(第2版) 検定から多変量解析・実験計画法・ベイズ統計学まで

という本です。

また、併せて、同じ著者の

統計学図鑑

という本も、副読本として購入しました。

どちらも、多少天下り的な記述ながら、分かり易い言葉で統計で用いる各概念を丁寧に解説しています。

Excelなどのツール説明もしているところも良いですね。

統計学の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください